おせちの購入と保管方法

かつては、おせち料理は自宅で手間を掛けて作られることが多かったですが、ライフスタイルの変化もあり、近年ではすべて購入で用意するということも珍しくなくなりました。

忙しい主婦も年末年始にはよりゆっくりとできるというメリットもありますし、憧れの高級ホテルや料亭の味が楽しめるのも購入ならではのメリットです。そして、すでにお重に詰められていることも多く、盛り付けの手間もありません。おせちを購入する際はどのような食材が使われているのか、量なども良く確認しておきましょう。

家族が少ない場合は量が多すぎるものを選ぶと食べきれない可能性もありますし、来客などがある場合は余裕を持って用意しておくと安心です。それからおせちでは、子供が食べられない料理も少なくありませんので、その場合は子供用のお重を用意したり、洋風の料理が多いものを選ぶこともおすすめです。

購入の場合はあらかじめ予約を行っておけば、年末に自宅など希望の場所に届けてもらうことができます。大きく分けて冷蔵と冷凍のタイプがありますが、冷蔵はすぐに食べられるのが便利ですが、保存料など添加物が多く含まれているものもあるので注意して選びましょう。

無添加で長期に保存できるタイプを選ぶなら冷凍が向いていますが、解凍後は傷みやすくなりますので、早めに食べることがおすすめです。冬場は暖房を入れることも多く、常温では劣化も進みやすくなりますので、残った場合は冷蔵庫に入れて保存を行いましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です