おせちの種類と意味について

おせちはお正月に親戚が集まって食べたりします。

おせちに中にはさまざまな料理が入っており、地域によっても違ったりします。黒豆は黒色が邪気を払い、家族が1年まめに働けるようにと願いが込められています。数の子は粒の多いニシンの卵で、子孫繁栄をもたらすようにと意味です。

地域による違いがありますが田作りは、江戸時代に田んぼの高級肥料にごまめの材料の片口いわしが使用されていました。そのため豊作祈願などの意味があります。海老は、曲がった姿から老人の腰が曲がった姿をイメージさせます。腰が曲がるまで元気に生きようという願いが込められています。

伊達巻きは大事な文書よ絵巻に似ているため、知識が増えて文化が発展するようにとの意味です。紅白のかまぼこは、紅には魔よけと白は清浄を表しています。日本のおめでたいときの組み合わせとして昔から紅白が使われてきました。

さらにかまぼこが半円の形をしているので日の出に似ており、新しい門出にふさわしいからです。紅白なますは、人参と大根を細く切ることでお祝いのときに使用される水引を表していると言われています。

栗きんとんは見た目が黄色ことから黄金の塊に見え、商売繁盛の意味があります。おせちを入れるお重にも意味があり、料理を重ねることからはおめでたいことが重なるようにという思いが込められています。地域や家庭による違いがありますが四段が正式なものです。一段目、二段目と入れる料理にも決まりがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です